就職率の高さが決め手となり入学を決断

就職率の高さが決め手となり入学を決断

内定先:新日テクノロジー株式会社
小田切 要(27才)

もともと芸能関係の仕事でしたが、パチンコ業界にも憧れを持っていました。小冊子でG&Eの存在を知り、就職率の高さが決め手となり入学を決断。印象の強い講義はグループワークです。メンバー全員で一つの目標に向かい、より良い企画を創り上げるという過程は、メーカーや開発企業での遊技機開発そのもの。

パチンコ開発に実績のある内定先は、自由な社風でG&E卒業生も多いので、G&Eの雰囲気そのままにヒット作の開発に取り組みたいと思います。

2014年度PS総合開発コース渋谷校社会人遊技機開発会社開発職