G&Eへの進学がベストだと決断

G&Eへの進学がベストだと決断

内定先:株式会社デジタル・フロンティア
中原 拓也(22才)

大学在学中から就職先はパチンコ業界と決めていましたが、何をやりたいかは漠然としたまま...。確実性を考えるとG&Eへの進学がベストだと決断しました。G&Eで講師方のカウンセリングを受けて自分の本当にやりたい職種を見つけることができ、1年間「夢」に向かって邁進しました。

内定先は多くの有名コンテンツを有する映像制作会社です。非常に高いスキルが求められますが、G&Eで学んだ事を忘れず、優秀な映像プランナーを目指します。

2014年度PS映像プランニングコース名古屋校大学卒業後遊技機開発会社開発職